我が家のクリスマスローズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日のクリスマスローズ 割れた鉢の再利用処置

<<   作成日時 : 2017/10/21 09:25   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

        先回の記事で紹介した壊れやすい鉢
        バラバラに割れてしまってはどうしようもありませんが、プラ鉢に比べて通気性に富んでいることや
        少々高価なこともあり、少し割れたり欠けたりしたからといって直ぐに捨てるのはもったいないので
        我が家では何とか再利用できないかと工夫しています。


        縦にひびが入ってしまったこの鉢の場合
画像


        結束バンドを使ってこれ以上ひどくならないように処置しました。
        ところで、この鉢の直径は16cmなので目測というか頭の中では円周の長さは30cm程度では
        ないかと思っていたのですが、実際に測ってみたところ50cmほどありました。
        測る前に昔の算数で習った円周の計算式が、頭に浮かばないことが自分らしいところ?か
        直径×円周率=16×3.14≒50,24 算数は正しかった(笑)

画像


        次はこの鉢 ↑の鉢より一回り大きい直径20cmの鉢ですが、
        割れ方がひどくてこの有様 

画像


        その↑の鉢が左側で、右側は上部が一部欠けた鉢を同じように別の鉢と
        二重に重ねて処置したものです。 外側の鉢はHCでも売っている陶器鉢で7号(21cm)サイズ
        ということで、丁度良いあんばいにカバーできました。

画像


        さて、にゃんこ  微妙な関係 
        昨年の今頃は出かける際にネコドアに鍵をしてお互いが、顔を合わせないようにしていたことを
        考えると雲泥の差ではありますが、相変わらず一日一回は喧嘩しているような気がします。
        ただ「こなつ」も大人の体格になって、そこそこ反撃できるようなので「ルッチ」も闇雲に喧嘩を
        売っているわけではなくなりました。
        それどころか、ごはん時などは「こなつ」からちょっかいを出している場面も見受けられます。
        
        「こなつ」は我が家で保護した子なのでトライアルも何もありませんが、里親募集の際に先住ネコが
        いる場合は、相性診断のためにトライアル期間が設けてあって相性が悪い場合は折角の縁が
        結ばれないこともあるようですから、そんな環境であれば「こなつ」はだめだったなんてことになるの
        でしょうが、一度家族に迎えた子を手放すことは苦渋の選択でしょう。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい
今日のクリスマスローズ 割れた鉢の再利用処置 我が家のクリスマスローズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる