今日のクリスマスローズ ゴールド交配二世代目株の紹介とアッキーのいたずら

ゴールド交配については、これまで何度も記載してきたと思いますが、劣性遺伝のためゴールド以外との交配でゴールドを咲かせるのには、二世代かかってしまいますから温度管理して早期に開花させているプロと違い、普通に育てている場合は通常早くても8年ほどかかってしまいます。 そんなに待っても思惑通りに咲いてくれない例を紹介します。


これはゴールド交配一世代目で平成27年に開花したNO.377
NO.139dd糸ピコにNO.151ssゴールドをかけています。当然これはゴールドで咲きませんから目的花dd糸ピコゴールドを咲かせるための通過点である花です。

b2-3-21-1-139-22-29X151=377-27.jpg

そして目的のdd糸ピコゴールドとするためにした交配が、↑の377にNO.308sdゴールドを掛けたものでしたが、咲いたのがNO.20058ss糸ピコです。 記録を調べると377を作るための交配が平成22年(発芽は平成23年)で、開花が平成27年 そして、今年咲いた20058を作るための交配が377が開花した平成27年で発芽が平成28年ですから最初の交配から実に10年経っています。

b2-3-21-2-377-27X308=20058.jpg

次に紹介するのはカラーゴールドを目標とするための交配で、NO.235ssネオンにNO.310ミルフィーユをかけてできたNO.806

b2-3-21-3-235-11-13X310=806-29.jpg

その806にNO.550ddゴールドをかけて今年咲いたのがNO.20049sdイエロー 記録では平成26年の交配で咲いたのが806(平成29年開花)ですから、ここまで6年と比較的早く開花できていますが、目的とする花には至らずという結果です。

b2-3-21-4-806-29(235X310)X550=20049.jpg

さて、今週もにゃんこはアッキーの話題です。
人間の生活音に慣れてもらうために一昨日からアッキーの部屋にテレビを置きましたが、それはまた別の機会に紹介するとして、いたずら盛りのアッキーが網戸に上って破ってしまったため網を張り替えたのですが、その作業中にも猫あるあるで、ちょっかいを出してきました。

b2-3-21-5.jpg

こんな仕草はまったく普通の猫なんですが

b2-3-21-6.jpg

威嚇する攻撃性はどこから身についたものなのか・・それだけ野良の暮らしの半年には図りしれない厳しさがあったということなんでしょう

b2-3-21-7.jpg

そんなアッキーですが、ご飯の好き嫌い(食べ残し)を主張するようになったりと少しずつではあるものの着実に家猫化しているように思います。

b2-3-21-8.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい