今日のクリスマスローズ 黄金ボッコネイ交配等、今週採取した種子の交配考

      種子採取も峠を越えて終盤にさしかかって来ましたが、今週も楽しみな交配の
      種子が採れたので、紹介します。


      先ずは以前、交配内容で記事にしていた「黄金ボッコネイ」交配の種子
      159ボッコネイ×308sdゴールド交配からできた「19028」のセルフ交配から採取しました。

画像


      「19028」の交配画像はこうなります。
      当ブログでも何度も記事にしていますし、ご存じの方も多いと思いますが、ゴールドは劣勢遺伝
      単純にゴールドとゴールド以外の花を交配したF1ではゴールドになりませんから、この交配も
      ボッコネイ×sdゴールドなので、「19028」はゴールド(オーレア)ではありません。
      「黄金ボッコネイ」(ボッコネイhyb)を作るには「19028」に更にゴールドを交配するとかの工夫が必要
      なのですが、分かりやすいのがセルフ交配 確率はわかりませんが、この場合
      「普通のボッコネイ」「普通のゴールド」「黄金ボッコネイ」(ボッコネイ似の花と葉のゴールド系芳香花)
      などが期待できると思います。 

画像


      次に紹介するのは、里帰り苗から開花した花からの種子
      159ボッコネイ×284dd白抜けアトロ交配から開花した「19068」
      これもセルフ交配しましたが、狙いは、ずばり「芳香ddアトロ」です。

画像


      「19068」の交配画像はこうなります。
      ↑のセルフ交配の意味はF1の「19068」に比べてddでの開花率の向上も期待できます。

画像


      次は、↑とは別の方からの頂き物の種子から開花させた
      「382」パインhybを使ったF1「19090」:235ssネオン×382パインhyb の交配種子

画像


      「382」はネオンとパインhybの交配なので、ゴールド因子が多くなって
      いますから、この交配ではダブル因子を注入してみました。

画像


      最後の紹介は、ジャングルリーフゴールド交配種子
      276ジャングルリーフ×283ddゴールドの交配から開花した「19016」に、同じ交配の「19026」を
      かけたもの 同じ交配で開花した花が複数あれば、セルフではなくこういったことも試すことが可能

画像


      ↑の親株を入れた交配画像
画像


      さて、にゃんこ 今週は我が家の「ねこまんま」の紹介です。
      朝晩の正式ご飯(おやつや夜食として食べるものは除いて)は、カリカリ+缶詰の混ぜご飯です。

画像


      ウェットフードだけでは必要な栄養が、十分に摂れないであろうことと
      カリカリだけでは飽きてしまうことが結構あるので、こうして混ぜてあげています。
      更にカリカリも缶詰も、種類やメーカーを日ごとに変えて飽きないようにしています。

画像


     そんな食事を作りながら、今回の記事のための写真を写していたら、
     待ちきれない様子の「こなつ」:早くおくれにゃ

画像


      待ちきれずつまみ食い
画像


      その器を食事の定位置に置いているスキに更に追い打ちのつまみ食い
画像


      「ルッチ」の食後の器
画像


      「こなつ」の食後の器
      どちらも器が、きれいになるほどは食べずに少しづつ残しますが、「こなつ」はこの後いつも
      また、別のカリカリだけのご飯を要求して食べます。

画像