今週のにゃんこたち 「アッキー」触れ合い前進

夏本番ということで、朝からエアコン全開の我が家ですが、「アッキー」の保護部屋は二階なので、一段と暑さが厳しいため出かける際は二部屋エアコンを掛けて一部屋エアコンなしで「アッキー」が選択可能な状態を担保しています。 その二階のエアコンなしの部屋にちょっと油断した隙に「こなつ」が乱入 一色触発でしたが、「アッキー」が先に陣取りしていた…

続きを読むread more

今週のにゃんこたち 随時更新へ変更します。(多分週一?)

先週はしばらくお休みするとお知らせしましたが、クリスマスローズに関しては、お休みしても、にゃんこたちの日常に関しては、更新の話題もあるので、随時更新しようと思います。(週一で更新できるように努力します(笑)) 今週は「アッキー」の八か月振りの病院の話題です。 このキャリーケースへ入ってもらうのに、これまで人馴れ訓練をしてきたわけで…

続きを読むread more

今日のクリスマスローズ この時期の新芽とブログお休みのお知らせ

梅雨空が続いているので、気温が低い日があるためでしょうか、こんな時期にも新芽を上げている鉢を見つけましたが、ここ数年夏の間はブログをお休みしていますので、今年もしばらくお休みをいただきます。 その新芽を上げている鉢 株元 ↑のは今年初開化だったNO.20041(自家交配)のこの花 さて、にゃんこ 「ル…

続きを読むread more

今日のクリスマスローズ 地植え株の軟腐と「こなつ」のストーカー振り

梅雨明けは、まだしばらく先のようですが、近所の神社では雨の間げきをついて、クマゼミが鳴き始めたりと夏の予感もしてきた一方で、長雨で地植え株まで軟腐になってしまいました。 倒れた茎 植えてあった場所は掘り返してダコニール散布で消毒しました。 対策として簡易カッパで雨除けです。 さて、にゃんこ 「ルッチ」…

続きを読むread more

今日のクリスマスローズ 今年咲いた花の紹介と「アッキー」のおやつください動画

今週は「アッキー」を獣医さんに連れていこうと2度挑戦しましたが、二度とも失敗 一度はキャリーケースの奥にご飯を置いて入り口の扉を閉めようとして失敗 もう一度は、おやつを食べている最中に洗濯ネットへ入れようとして失敗 幸いその後も怖がらずにご飯を食べるので、しばらく期間を置いてからまた挑戦しようと思います。 クリスマスローズは今年開…

続きを読むread more

今日のクリスマスローズ 今年開花した花の紹介と「ルッチ」の誕生日と「こなつ」の技

今日は「ルッチ」の誕生日 17歳になりました。人間でいうと80歳以上の高齢です。 1歳から3歳ころまではアレルギーによる発疹で毎月のようにステロイド注射を接種しましたし、乳がんにより右側乳腺全摘手術も経験しています。アレルギー物質を避けた食事療法と体質改善(自然治癒)によりアレルギーも発症しなくなりましたが、マグロがアレルギー物質であっ…

続きを読むread more

今日のクリスマスローズ 一部遮光開始と味見してから飲むんだにゃ

本格的な遮光は梅雨が明けてからにしようと思っていましたが、あまりにも日差しが強い日が数日続いたので、一部ですが、寒冷紗を張りました。 玄関前 東南地植え地帯 さて、にゃんこ これは「猫草」 毎回種から育てているのですが、夏は芽が出る前に腐ってしまうことが多発するので、梅雨明けころからは出来合いの草を購入すること…

続きを読むread more

今日のクリスマスローズ ベト病の葉とにゃんこそれぞれ

ベト病の葉は見ていて気持ちの良いものではありませんが、これだけが原因で枯れる病気ではないため、それなりに我が家では仕方のない現象と割り切って考えるようにしています。 そのベト病の葉です。 手で触るとベタつくので、正に病名通りです。 気分を変えて「おしろい花」 二十年ほど前、まだ雑種犬の「ポコ」が生きて…

続きを読むread more

今日のクリスマスローズ ポット(鉢)の半土中植えと猫フェンスの増設

今週は東海地方も梅雨入りとなり、畑の水やり作業は当分不要となるので、ほっとするとともに目につくのはベト病の葉や軟腐で枯れていく鉢であったりと毎年恒例の暑さによる被害拡大には、あきらめの境地でもあります。 そんな季節の軟腐被害軽減策のひとつは地植えにすることですが、植え付け場所の制約であったり、時期の問題で地植えにできない時に横着な…

続きを読むread more

今日のクリスマスローズ 今期開花した花の紹介その1とニャンコフェンス詳細

もう真夏並みの暑さで、昨日は今年初めて日中エアコン入れての暮らしとなりましたが、クリスマスローズたちも順調(?)にベト病被害が、広がってきました。クリスマスローズの話題は乏しくなるので、今週からは今年開花した花を少しずつ紹介していきたいと思います。 花の紹介の前に画像説明ですが、下の画像の上段の小さな花画像 左が母親(種子親)で右…

続きを読むread more

今日のクリスマスローズ 畑の水やり作業と半生タイプキャットフード

梅雨入り前のこの時期は真夏と違って朝晩は涼しいものの、日中は30度越えの日もあったりで、クリスマスローズたちも肥料を切って夏越しの準備に入りますが、自宅株と違い畑の株や苗は水道がないので水やりには、それなりの苦労もあります。(6月から9月ごろまでの当地の田植えから稲刈りまでの時期は、傍の農業用水の水路に水が流れていますので、その間は、水…

続きを読むread more

今日のクリスマスローズ 種子採取完了と猫侵入防止用柵の工夫

今年の種子採取は今週ですべて完了となりましたが、その数441粒 先週も記載したように昨年までの数千粒に比べれば、およそ1/10にも満たない数です。 これが、消毒後に種子保存用容器に入れたすべての種子 そんなわけでこの保存用容器も例年なら7段くらい積むものが、今年はこの一段だけです。 今週採取した種子の中で最も期待するの…

続きを読むread more

今日のクリスマスローズ 今週種子採取した気になる交配とアッキーの家猫度

今年は、ほとんど交配しなかったので現在まで採取した種子は350粒ほどと例年の1/10にも満たない数ですが、自家交配開化株のみの交配なので、それなりに気になる交配があります。 その前に現在の畑の様子 奥の大きな苗は一昨年種子を播いて昨年発芽したもので、手前の小さな苗が、昨年秋に播いて今年発芽したものです。その差歴然 今週採…

続きを読むread more

今日のクリスマスローズ 種子の消毒など

先週も触れましたが、結実した子房が弾けて5/1に種子を今年初採取しました。 採取後はベンレートを使った消毒作業です。 採取した交配はこの花のセルフ交配 ssネオンとミルフィーユ(赤白リバーシブル)からできたsdレッド系花 のセルフですからネオン系dd赤白リバーシブルの花が目標の交配になります。 ↑の交配画像  …

続きを読むread more

今日のクリスマスローズ 原種の葉とアッキーの試練は続くよどこまでも

例年なら結実した子房が、次々に弾けている頃ですが、今年は昨日5/1に初めて採取しています。 昨年までは、なんやかやと言っても自家株より開花が早いショップなどでの開花株を購入していたので、それらの中で交配したものは当然自家株より早く子房が弾けるということなんですが、今年は新規購入ゼロのため自家株のみの交配となったのが、その理由です。 …

続きを読むread more

今日のクリスマスローズ この時期の葉の成長は凄いこととアッキーの恐怖症

毎年書いていますが、この時期の葉の成長はものすごいものがあります。 地植え地帯の葉 この画像の上部中央に「こなつ」の笑顔(笑)が写っています。 花のない時期でも原種系の葉が好きなので、見ていても飽きません。 さて、「アッキー」ですが、最近はご飯を出前したときに「鼻チュ」とおでこスリスリをしてくれるようになりまし…

続きを読むread more

今日のクリスマスローズ 袋掛け完了とにゃんこたちのクセ

クリスマスローズの花の時期は終わり、ハナミズキが開花してきた我が家です。 花が終わったクリスマスローズたちですが、次世代への種子採取に向けての袋掛けが完了しました。今期は交配そのものも少なかったのですが、未結実だったものも結構あり、益々少なくなりました。 さて、にゃんこたち みんなそれぞれ色んなクセがありますが、「ルッ…

続きを読むread more

今日のクリスマスローズ 種子の結実とにゃんこそれぞれ

先週触れた結実した花への袋掛けですが、そろそろ適期です。 結実した子房 交配画像はこれ NO.20029小輪筒咲きddグリーンピコ(ボッコネイhyb)のセルフ この花と同じような花を狙った交配です。 ↑の花は枯らしたくないので地植えにしました。 ↑の地植え地帯から視線を上げると「こなつ」のお気に入り…

続きを読むread more

今日のクリスマスローズ 例年なら袋掛けの時期ですが・・・と猫あるある

今年は昨年までのような多くの交配をしなかったので、本来なら袋だらけの光景だった場所も様変わり これは例年の地植え地帯の様子 ところが今年はというと 皆無 例年数千粒採取していた種子も今年はせいぜい数百となりそうです。 さて、アッキーの部屋には最近テレビを置いたので珍しくて仕方ありません。 猫のあるある…

続きを読むread more

今日のクリスマスローズ 黄金ボッコネイ交配とAWAJI便りなど

そろそろ花も終わりになりましたが、今期も目的花の過渡期の花が多く咲きました。 表題の「黄金ボッコネイ」は私が勝手に名付けたものですが、普通に言えば「ゴールド葉のボッコネイhyb」ということになります。つまりボッコネイにゴールドの遺伝子を入れて咲かせるボッコネイ(hyb)ということになります。その親株となる花がこれ 今年開花したNO…

続きを読むread more